2019年の次期iPhoneモデルは、背面にカメラが増える以外に特に代わり映えしない、とみずほ証券のアナリストがコメントしている。

今秋発表予定の次期iPhoneモデルは、2つのOLED(有機EL)ディスプレイ搭載モデルと、LCD搭載モデルの計3モデルになるといわれていますが、2019年のiPhoneはスクリーンのサイズ、画素数、外観ともに2018年のモデルとほとんど変わらない仕様になると推測されています。

ディスプレイは、次期iPhone XS、XS Maxにあたるモデルからタッチの圧力が感知可能なForce Touchが取り除かれ、若干ベゼル幅が小さくなるとされています。

また、今年のiPhoneモデルは昨年と同じく7nm(ナノメートル)のプロセッサが採用されると予測されています。次世代通信規格5Gには非対応となる見込みです。
https://iphone-mania.jp/news-250442/

関連:リークされた新型iPhone 11の見た目に賛否 : IT速報

続きを読む